社員インタビュー

私のつくったイメージ画像と引渡し後のリビングの写真がそっくりで、 鳥肌が立ちました。

CADオペレーター

加納 幸奈

2013年入社。
営業事務として採用され、事務をしながらCADにも興味を持ち、「CADオペレーターになりたい」と志願。お客様のイメージを的確に表現する「イメージ画像制作のプロ」を目指し、CADの腕を磨いています。

間取りの立体的なイメージ画像などをつくっています。


私は営業のサポートとして、契約前のプレゼン用の間取り図や外観パースの作成、契約後の打ち合わせで使用する内観パースの作成を行っています。また、現場監督のサポートとして平面詳細図、立面図等の修正を行ったり、断面図や展開図等も作成し、色々な部署のサポートをしながらお客様の家づくりのお手伝いをしています。壁や床や天井の色・柱の位置やカウンターの高さなどにまで気を配り、お客様の希望を細かく反映していきます。
私自身、建築系の学科を出ているわけではないので、設計の専門家というわけではありません。契約後の細かい仕様などは、現場監督(ホームエンジニア)とコーディネーターが決め、施工時に必要となる詳細図は設計スタッフが担当します。
あるお客様のことですが、その方は家づくりにとてもこだわりがあり、家具の色にまでハッキリとした理想をお持ちで、「家具も配置したリビングのイメージを見たい」ということでしたので、一生懸命取り組ませていただきました。先日、無事にそのお客様の引渡しが終わったのですが、営業担当から写真を見せられてビックリ。私が画いたイメージ画像とウリふたつだったのです。自分の仕事が「かたち」になったということがとても嬉しく、長い時間写真を見つめてしまいました。

仕事に集中できる環境。

私は、ここへ来る前は広告代理店の営業として働いていました。その会社では、社員総会や期ごとの決起総会などの直後に、「すぐに社長、課長にお礼のメールを送りなさい」など、日頃から上司に気を遣うことをよしとする風土と習慣がありました。しかし当社には、業務効率をさまたげる組織の不文律のようなものはまったくなく、上司に過剰な気遣いをする必要もありません。会議のスケジュールも年間で決まっているので自分で予定をたてやすく、主体的に仕事を進めることができます。女性がほかの社員のお茶を入れるなどの習慣もなく、ごみ箱がいっぱいだと気づいたら、気づいた人が片付けます。さらに、多くの仕事を抱え大変な人を見て見ぬふりをするわけではなく、お互い声を掛け合い、手助けしあうこともよくあります。細かいことですが、このカラっと明るくフラットな雰囲気が、仕事のやりやすさに直結していると思います。

この先結婚しても、出産しても、キャリアをあきらめません。

当社のお休みは水曜と木曜。しかし、設計スタッフの中には産休・育休から復帰した先輩がおり、保育園の休みに合わせて、日曜はお休み、木曜は出勤というフレキシブルな働き方をしています。家庭の事情から時短勤務をしている人もいます。このように、人生の節目で個別の事情を汲みとり、一緒に働き方を考えてくれる、そんな会社であることもうれしい事実です。この風土を活用し、この先もし結婚し子供ができても、正社員のまま、CADオペレーターと家事の両立を目指していくつもりです。

他の社員インタビュー