社員インタビュー

お客様からのサプライズの手紙に、泣いちゃいました。

インテリアコーディネーター

水谷 弥亜

アパレル販売、事務職を経て、キッチンやユニットバスなど水回り商品のショールームのアドバイザーを2年半経験。そこで得た知識を活かし、2017年、クラシスホームのインテリアコーディネーターへステップアップ転職。

自分で掘り下げ調べていくことが好き。


ここへ来る前はキッチンやユニットバス、洗面台などの水回り商品のショールームのアドバイザーをしており、商品知識はそれなりにありました。しかし建築系の学校を出たわけではないし、インテリアやデザインなどを専門的に学んだことがなく、入社時は具体的な仕事内容をほとんど知らない、ほぼ未経験者でした。そんな私がスムーズにインテリアコーディネーターをはじめられたのは、「1軒の家を5人のチームでつくりあげていく」という体制があったから。特にベテランのホームエンジニア(現場監督)とペアで打ち合わせに参加することで、どういう工程で内装を決めていくか、打ち合わせ内容の記録方法など、基本的なことを無理なく覚えることができました。

お客様の期待以上の提案ができるようセンスを磨くのも大切なこと。私はものごとを掘り下げて調べていくことが好きで、時間をかけて追求するのが苦にならないどころか大好き。実際仕事をやってみて「自分の志向にピッタリ」だと改めて思いました。新しい建材、インテリア商品の最新情報をキャッチアップするため、ショールームに足を運んで実物を確認し、メーカーの勉強会にも積極的に参加。ネットや雑誌などでさまざまな国内外の最新の事例を集めて、「こういう仕上がりにするのは何を使ってどんな施工法にすればいい?」と自分なりの蓄積もしています。お客様に内装を提案する際は、ご要望の内容プラスアルファの付加価値を用意するようにしています。わかりやすいオリジナル資料を用意したり、取り寄せたサンプルを実際に手に取って見ていただくことで、十分に納得して選んでいただけるような情報提供を心掛けています。

お客様からサプライズのお手紙。

たくさんの素敵なお客様と出会えることもこの仕事の魅力です。Sさまご夫婦の家づくりは、私にとってとても大きな経験となりました。開放的なリビングに、下がり天井。要所に木の温かみを活かした内装を採用。そして完全オーダーメイドの造作キッチンを一からデザインしていくという、Sさまの思いが詰まったコーディネートをご希望されました。特に奥様は造形美、美しさのバランスにこだわられる方で、棚の高さや建具のデザインなど細部に渡り時間をかけていくつものパターンを想定し検討を重ねました。そうして出来上がったSさま邸は、まさにご夫婦のセンスやライフスタイルを表現した、オンリーワンのお住まいに仕上がりました。完成を喜ばれる奥様を見て、私もこれまでの工程を振り返りながら、「喜んでいただけて嬉しい」という気持ちを味わうことができました。

そしてなんと、引き渡しの時にサプライズのお手紙をいただき、そこには「水谷さんにお願いして本当によかった」の文字が。思わず涙が溢れてきて、これまで味わったことのないような感動、感謝を覚えました。

とにかく元気な会社。

当社は若い人が多くいわゆる「元気で熱い会社」です。例えばオフィスで誰かが「ここの壁紙の配色どうしよう」と行き詰ったようにつぶやくと、まわり人たちが何気なくパースを見に近寄り、「ここは自分なら…」とか「いや、こういうやり方も」など、わーっと家づくり談義が盛り上がったりします。

新年会やボウリング大会、社員旅行などのイベントも楽しみ。他店舗のメンバーと知り合い、お酒も入って和やかに親交を深めつつ、横のつながりを広げています。

他の社員インタビュー