社員インタビュー

改めて家づくりをイチから学ぶために、ホームエンジニアになりました。

ホームエンジニア

安保 美咲

大学で建築を学び地元の小規模な工務店で設計補助を約1年担当したのち、2019年にクラシスホームへ入社。転職の動機は、休みが少なく長時間働くのが当たり前の環境を変えたかったこと。今は週休2日を確保し、ゆとりを持って趣味の美術館巡りやオーケストラのコンサートを楽しむ。

「働きやすい環境」が決め手でした。


私は子どもの頃から建築、家づくりにとても興味があり、建築科の大学に進みました。新卒で入った工務店は小さいながらも常にお客様ファーストで、プライベートを削ってまで対応する先輩たちの姿勢を尊敬していました。しかし、それによる長時間労働への対策がないままで、気持ちのリセットが難しくワークライフバランスへの不満がつのってしまいました。職場を変わるなら早い方がいいと思い転職エージェントに登録。そこで紹介されたのがクラシスホームでした。

面接は社長と二人なので少し緊張しましたが、面接の前後に同世代の人たちがたくさん働いているのを見て、「皆さん笑顔が素敵。仲間になりたい」と自然に思えました。また、面接で聞いた待遇面の良さにびっくり。ホームエンジニアや現場スタッフには社用車貸与、パソコンと携帯を支給、自分の好きな日に休めるフレックス休暇制度、お客様の都合に合わせて休日出勤をした場合は必ず代休を取れるなど、「社員を本当に大切にする会社」だとよくわかり、悩むことなく入社を決意しました。

現場が好き。

前職は設計補助でしたが、当社ではホームエンジニア、つまり現場監督になることを選びました。前の会社でも時々現場に出かけましたが、その場で思ったのが「学校で習っていたのは何だったの?」というほど、実際の建築現場は知らないことばかりだということ。転職を機に、この際イチから家づくりを勉強し直すつもりで、施工の工程すべてが身に付くホームエンジニアの道を進みたいと望んだのです。入社から数か月は、私をマンツーマンで教えてくれる教育担当の松山さんに付いて回り、現場での実務や打ち合わせの様子を実際に見させてもらいました。クラシスホームは一般的な工務店と違い、営業ではなくホームエンジニアが直接お客様と打ち合せをし仕様を決めていくのが特徴。現場監督でありながら直接お施主様とやりとりできることは、家づくりに携わる身として大きなやりがいにつながります。さらに私は現場が大好き。建築中の建物に足を踏み入れると毎回ワクワクします。フルオーダーの注文住宅なので、同じ家はなくそれぞれテイストが異なり、一つひとつの建物が完全オリジナルで施工方法も千差万別。それを知り探求していくことが楽しくてたまりません。まだまだ半人前ですが、施工技術の引き出しをたくさん備えお客様から頼られる、そんなホームエンジニアを目指して頑張っていきたいです。

接客から現場管理までカジュアルスタイル。

建築の現場監督といえば作業着にヘルメット、手からメジャーをシュルっと伸ばして…というイメージがありますが、当社はかなり違います。今私が着ている紺のニットとチノパンが会社から支給されたホームエンジニアのユニフォーム。これに自分で選んだ襟付きのシャツを合わせて毎日出勤します。接客から現場管理まで、清潔感のあるカジュアルスタイルで応対。軽くてストレッチ性のあるニットだから肩が凝らないし作業もしやすい。現場でホコリがついても気軽に洗濯でき、しかもデザインや色がおしゃれでとても気に入っています。実際にそれを着て働く人のことを熟慮し、こだわりを持って選び抜く。小さなことかも知れませんが、クラシスホームらしさがここにも表れています。

現在、私を含め20代~30代の女性ホームエンジニアが5名活躍中。同じ職種同士交流しようということで、時々女子会を開いて美味しいものを食べています。共通の話題で盛り上がれる仲間がいることが嬉しく、毎回おひらきにするのが名残惜しくなります。

他の社員インタビュー