社員インタビュー

朝起きて、仕事が嫌だなと思う日は1日もありません。

ホームエンジニア

空 健太

2012年入社。
ほかの住宅メーカーにはない社内の雰囲気のよさに魅力を感じて入社を決意。一番大きかったのは、現場経験もある高木社長の人柄にひかれたこと。面接の印象がとても良く、現場の声や地元の職人さんたちを大切に考えている姿勢にとても共感。

現場監督の経験を活かし、ホームエンジニアに。


現場監督は、一般的に「安全」、「品質」、「工程」、「原価」の4つを管理していくのが主な業務となり、お客様と直接打ち合わせをすることはありません。しかし、クラシスホームの現場監督はホームエンジニアと呼ばれ、現場管理だけではなく、窓、床、壁、間取り以外のすべての仕様をお客様と直接打ち合わせをしながら決めていきますので、設計と工事の段階でお客様のご要望に相違することなく、家づくりを進めることができます。
クラシスホームでは、お客様に合わせて自由度の高い設計ができるので、幅広い商品知識を求められますが、お客様の好みに合わせて仕様を決めていくのはとてもやりがいを感じます。

職種の壁がなく、会社全体がアットホームな雰囲気。

年に1度社員旅行があるのですが、参加率はとても高いですよ。行き先が決まるとスタッフ同士で別々のガイドブックを買い「今年は何をしようか」とみんなで決めるのも毎年の楽しみです。こういった雰囲気の良さがあるからこそ、スタッフが一丸となって、お客様が望むものをつくり上げていくことができるのだと思います。過去の職場と比べても、今が一番仕事が楽しく、とてもやりがいを感じていますし、朝起きて「今日は仕事が嫌だな」と思う日がないくらい、毎日充実して働くことができています。
住宅業界は移り変わりが早いので、環境やライフスタイルの多様化とともに時代のニーズに合わせたご提案をしていけるように、日々アンテナを張り、勉強していきたいと考えています。また、現場のことだけはでなく、人材育成にも力を入れて、会社の発展に貢献していけるようになることが今後の目標です。

お客様とのふれあいが宝。

あるお客様とは、打合せの段階からとても打ち解けられ、毎回お会いできるのが楽しみでした。お引渡しが終わった後、定期点検でお宅に伺った際、私の名字「空」に合わせて日本酒の「空(くう)」を用意してくださり、粋な計らいにとても感動しました。「この仕事をしていてよかった!」と思った瞬間です。

他の社員インタビュー